姫路で遊ぶ

姫路で子供とおでかけ「親子で楽しく遊ぶ!」大満足のスポットまとめ

f:id:muhuhu:20180826172638p:plain

「子供と一緒に姫路で遊びたい!」

姫路の中の、子供連れで遊べるスポットを詳しくまとめました。親子でお出かけする時にぜひチェックして下さいね。

【兵庫県姫路市】子供と遊ぶお出かけスポット

姫路セントラルパーク

f:id:muhuhu:20180905110511p:plain

家族みんなでたっぷり楽しめる姫路のお出かけスポットといえば、姫路セントラルパークがおすすめです。

サファリエリアではライオンやトラ、チーターなどの猛獣やキリンやカバ、シマウマなどの草食動物を間近に見る事が出来ます。

世界中の珍しい動物がたくさんいて、ふれあいコーナーや運が良ければ赤ちゃん動物を抱っこできるイベントもあるので、子供から大人まで楽しめますよ。

遊園地エリアは絶叫マシンも揃っていて、大自然の中のアトラクションを思う存分堪能できます。

姫路セントラルパークでは、夏はプール、冬はアイススケートリンクが開業しますから、サファリと遊園地も合わせると1日では遊びきれないくらい、色々な楽しみ方が用意されているスポットになっています。

www.central-park.co.jp

姫路水族館

f:id:muhuhu:20180905110528j:plain

姫路水族館は、カメやペンギンといった子供に人気の生き物のほか、播磨の身近な生き物がたくさん展示されている水族館です。

小規模な水族館ですから華やかな大水槽などはありませんが、工夫を凝らした企画や生き物とのふれあいもあって、家族でのんびり楽しむには絶対におすすめのスポットです。

公営ということで、入場料が大人510円、小・中学生200円と、割安なのも嬉しいですね。

新館から上にあがれば、かつて姫路駅と手柄山を結んでいたモノレールが展示されていて、みんなで記念写真を撮るのも楽しいですよ。

hcityaqua.exblog.jp

姫路市立水族館 | ホームページ

兵庫県立こどもの館

f:id:muhuhu:20180826172718j:plain

こどもの館は、安藤忠雄さんが設計したモダンな建物の中に、大きな図書室や木とのふれあいワールド、工作館、親子遊戯室、和のひろば、伝承遊びのひろばなど、さまざまな楽しさが詰まった大型施設です。

ゲームやアトラクションに頼らない素朴な遊びばかりなので、小さなお子さんをお連れの家族には特におすすめですよ。

入場料は無料で子育て支援のイベントもたくさんあり、未就学児のお友達作りにもピッタリ。

周辺は自然がいっぱいですから、こどもと一緒に散策して歩くのも楽しいです。

kodomonoyakata.jp

ドリームサーキット

f:id:muhuhu:20180905110542j:plain

ドリームサーキットは、レンタルカートで本格的なモータースポーツを楽しむための施設です。

自然の中に作られたコースで、遊園地のゴーカートでは味わえないスリルとワクワクがありますよ。耐久レースやフリー走行などレベルに合わせて走れますから、初めてでも安心です。

子供は身長120cm以上ならキッズカートに乗れるので、車が好きな男の子なら大喜びしそうですね。

ヘルメットやグローブなど、レンタルカートで必要な物は全て無料レンタルでき、手ぶらで行っても大丈夫です。

レンタルカート・ポケバイならドリームサーキットへGO!

姫路科学館

f:id:muhuhu:20180905110557j:plain

姫路でプラネタリウムを見るなら、青山にある姫路科学館がおすすめです。

プラネタリウムでは姫路で見られる季節ごとの星座や、天文や宇宙の話題をテーマにした惑星を職員さんの解説付きで見る事が出来ます。

また、館内には宇宙や科学をテーマに楽しい展示や特別な企画があり、お客様の目の前で実験をするサイエンスショーは子供に大人気です。

夏休みには工作教室などのイベントがいっぱい。科学に関するさまざまな学習要素の詰まった施設なので、子供と一緒に何度も訪れたいですね。

www.city.himeji.hyogo.jp

手柄山温室植物園

f:id:muhuhu:20180905110612j:plain

手柄山中央公園の南山にある温室植物園は、1500種類の植物が展示されており、季節ごとの企画展もあって何度行っても楽しいです。

ドーム型の温室の中には水が流れ、自然を感じながらさまざまな植物を観察できます。

市花である「サギソウ」は年間を通して見れるようになっていて、その可憐な姿に、大人も子供も魅了されますよ。

また、珍しい食虫植物も展示されているので、子供にとっては学習の機会にもなりますね。

himeji-machishin.jp